スッポンNo.3

夕方の用水路にいたスッポン

スッポン↑水がほとんどなくなった用水路で、水溜りに小さいスッポンが泥まみれの状態で頭を出していました。網で掬って一旦連れて帰りました。写真はスッポンを2リットルのPETボトルを切って作った容器に入れたものです。(2018年10月3日12:20撮影)

スッポン↑食べ物が十分でなかったためか、痩せてしまっています。背中が凹んで、そこに泥がくっついています。(2018年10月3日12:24撮影)

スッポン↑もう1匹のスッポン(No.2)と比べると、このNo.3のスッポンはとてもかわいそうなことになってしまっています。特に気になるところは皮膚病のため右後方の甲羅が広範囲で壊死していることです。子スッポンは皮膚病になりやすいといわれていますが、本当にそうだと思いました。(2018年10月3日12:56撮影)

スッポン↑この写真では壊死しているところがわかります。(2018年10月3日12:59撮影)

スッポン↑壊死している甲羅の部分のおなか側も皮膚病になって白くなっています。リリースするまではイソジンを塗って手当をしました。(2018年10月4日9:08撮影)

スッポン↑この写真では甲羅がかなりフニャフニャであることがわかります。No.2のスッポンも甲羅はけっこうフニャフニャですが、ここまでひどくはありません。栄養失調と皮膚病のせいだと思われます。(2018年10月4日15:57撮影)

スッポン↑リリースの日。No.3(左側)とNo.2(右側)のスッポン。この2匹は大きさがほぼ同じです。No.3のスッポンの甲羅の壊死した部分が際立っています。(2018年10月5日13:53撮影)

スッポン↑最後にNo.1〜No.3の3匹一緒に甲羅干しを行いました。上から時計回りにNo.1, No.2, No.3。(2018年10月4日14:31撮影)

スッポン↑3匹並んでいるところを撮影。左からNo.1, No.3, No.2。(2018年10月5日15:19撮影)

スッポン↑3匹とも縮んでいます。左からNo.1, No.3, No.2。手の形が3匹同じで面白いです。(2018年10月5日15:25撮影)

スッポン↑夕方。いよいよリリースの時。ボウルに入れて運んでリリース現場に着きました。上からNo.2, No.1, No.3。(2018年10月5日16:56撮影)

スッポン↑網に3匹入れて、ゆっくり川面に下ろして網をひっくり返しました。左からNo.1, No.2, No.3。このNo.3のスッポンは3匹の中では最も黒いので、水に入ってからすぐに見えなくなりました。達者でなー。他の2匹は明るめの色なので、しばらくはどこにいるか観察できました。(2018年10月5日17:00撮影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*