2匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

2匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育(スッポンNo.2, 名前は「カズシゲ」)

アイキャッチ画像は通算2匹目の赤ちゃんスッポンで、2018年11月5日に近所の水がほぼなくなった用水路の家庭排水が落ちてくるところの窪みで保護しました。名前は「カズシゲ」です。

2匹目の赤ちゃんスッポン「カズシゲ」のデータ
項 目
内 容
保護年月日
2018年11月5日
保護した時
昼前
場 所
近所の住宅地の水がなくなった側溝の生活排水が落ちてくるところの窪みの水たまり
保護時の甲長
3.0cm
現在の甲長(飼育期間)
18.5cm(863日:2021年3月17日現在)
飼育容器
日中の容器:窓辺に置いたメダカ用の水槽 → リビングの床に置いた60cm幅のガラス水槽
夜間:メガフードコンテナー(深型5.0ℓ) → 米びつ(5.0kg用) → 収納ケース
食事の回数
1日2回(冷凍したサケの切り身を午後にキッチンバサミで短冊状に切って与える。夜は3種類:テトラレプトミンスーパー(170g入りか310g入り)から小さめの5〜6粒を選んで潰さずに入れる。
好んで食べる餌
冷凍したサケの切り身、生きたスジエビ、あまり大きくないテナガエビ、、テトラレプトミンスーパー(170g入りか310g入り)、テトラレプトミンJunior
食べない餌
市販の加工餌(カメプロス、、キョーリンのひかりクレスト キャット)、スーパーの鮮魚コーナーから買って来たもの(チリ産のサケの切り身(刺身用)は例外)。
相性の悪い相手
No.1をはじめとするほとんどのスッポン(ほとんどの小さいスッポンは噛みつかれて負傷する)
これまでにかかった病気
軽微な皮膚病以外は特になし
背甲の特徴
骨の模様がくっきり。ウグイス色
腹甲の特徴
その他の身体的特徴
後頭部に正五角形に近い5個の斑点がある。
個体を識別する時の決め手
ウグイス色の大きいスッポン。鼻の上側に気道に知って黒い1本の細い線があるが、左側に曲がっている。幼体の時からあって、大きくなっても曲がったまま。
性格
性格は荒いけれどもかわいい。懐いたとまではいかなくてもかなり馴れたとはいえるレベル。
リリースの予定
なし:32匹の中で最も大きく、健康優良児。性格は荒っぽいが最も気持ちが通じ合っている感じがするので飼い続ける。
備考
帰省中の2021年4月4日、飼育881日目の夕方に激しく噛み付かれて右手の手首付近の手のひら(生命線の始まり付近の少し右側)を負傷して皮が剥けて出血した。左手の人差し指の付け根付近の手のひらも爪でひっかかれて負傷して出血した。




関連記事

  1. 飼育を始めて3ヶ月目の子スッポンNo.8

  2. お気に入りの写真

  3. 27匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  4. 5匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  5. 7匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  6. 用水路で保護して飼育している通算4匹目の赤ちゃんスッポン




  1. カメの生活様式による分類

  2. 32匹目は赤ちゃんスッポンではなくニホンイシガメの幼体

  3. 31匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  4. 30匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  5. 29匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  1. 水のなくなった用水路で保護したスッポンNo.8の飼育記録

  2. 近所の用水路で保護したスッポンNo.1の飼育記録

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

カテゴリー