1匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

1匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育(スッポンNo.1, 名前は「シゲオ」)

アイキャッチ画像は通算1匹目の赤ちゃんスッポンで、2018年9月29日に近所の水がほぼなくなった用水路で保護しました。名前は「シゲオ」です。

1匹目の赤ちゃんスッポン「シゲオ」のデータ
項 目
内 容
保護年月日
2018年9月28日早朝
保護した時
早朝
場 所
近所の田んぼの水がなくなった用水路
保護時の甲長
3.4cm
現在の甲長(飼育期間)
7.0cm(2021年3月17日現在)(噛んでなくなった部分を補正すれば7.2cmぐらい(No.11のペンタと同じ大きさ)。)
飼育容器
昼間:窓辺に置いたメダカ用のガラス水槽 → リビングの床に置いた60cm幅のガラス水槽
夜間:メガフードコンテナー(深型5.0ℓ) → 米びつ(5.0kg用)
食事の回数
1日2回(冷凍したサケの切り身を午後にキッチンバサミで削って与える。
夜は3種類:テトラレプトミンスーパー(170g入りか310g入り)から3粒とって指で潰して入れる。
そしてテトラレプトミンBabyを5〜6粒入れる。
さらにキョーリンのひかりクレスト キャット(295g入り)から1粒とって指で潰して入れる)
※3種類のうち1種類または2種類しか入れないこともある。テトラレプトミンスーパーだけは毎日与えている。
好んで食べる餌
冷凍したサケの切り身、、テトラレプトミンスーパー(170g入りか310g入り)、テトラレプトミンBaby、キョーリンのひかりクレスト キャット(295g入り)
食べない餌
カメプロス
相性の悪い相手
No.2, No.10, No.12, No.13
これまでにかかった病気
皮膚病にしばしかかる。右目の腫れ。1年目は自傷行為があった(甲羅の最後部が欠けているのはそのため)。
背甲の特徴
腹甲の特徴
その他の身体的特徴
個体を識別する時の決め手
甲羅の最後部を齧ったことによる欠けがある。最初はオレンジっぽかったが、現在は黒っぽくなってきた。
性格
おとなしいが、小さいスッポンを攻撃することが最近増えて来た。
リリースの予定
なし:病弱なので今のところ飼い続ける予定。
備考
2021年4月5日:甲羅の縁に水カビがU字形に広がっていた。イソジンを綿棒でつけて水で流した後に強制日光浴させた。




関連記事

  1. 卵から孵化した赤ちゃんスッポン7匹の甲羅の物理的特徴

  2. 夕方の住宅地の用水路にいたスッポンNo.6の保護とリリース

  3. 2匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  4. 殻を破って出てくることができなかった赤ちゃんスッポン(通算15匹目)

  5. 24匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  6. 31匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育




  1. カメの生活様式による分類

  2. 32匹目は赤ちゃんスッポンではなくニホンイシガメの幼体

  3. 31匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  4. 30匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  5. 29匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  1. 水のなくなった用水路で保護したスッポンNo.8の飼育記録

  2. 近所の用水路で保護したスッポンNo.1の飼育記録

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

カテゴリー