16匹目の子スッポンの保護と飼育

16匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育(スッポンNo.16, 名前は「タカナ」)

16匹目は赤ちゃんスッポンではなくもっと成長した子スッポンで、保護時の甲長は7cmでした。この子スッポンは2020年3月27日に前夜の雨で水が流れてきれいになった近所の用水路で、夕方に餌を探しに出て来ていたところを保護しました。私が習慣にしている夕方のウォーキングに出ている途中で見つけました。網を取りに帰って戻って来たらまだいたので網で掬いましました。色は最初は黒かったのですが、飼っているうちにだんだん高菜の漬物のような黄色になってきたので「タカナ」と命名しました。

16匹目の子スッポン「タカナ」のデータ
項 目
内 容
保護年月日
2020年3月27日夕方
保護した時
夕方
場 所
昨日の雨で少しきれいになっていた近所の住宅地の側溝
保護時の甲長
3.4cm
現在の甲長(飼育期間)
7cm(だいたいの値)(2021年3月17日現在)
7.5cm(2021年3月27日現在)
飼育容器
日中はガラス水槽、夜間はDAISO 飼育容器 Rearing Container (大)
食事の回数
1日2回
好んで食べる餌
冷凍したサケの切り身
食べない餌
市販の加工餌
相性の悪い相手
No.4, No.7
これまでにかかった病気
背甲の特徴
腹甲の特徴
その他の身体的特徴
個体を識別する時の決め手
甲羅の最後部を齧ったことによる欠けがある。最初は黒っぽかったが、だんだんオレンジっぽくなってきた。それで高菜の漬物の色のようなってきたので「タカナ」と命名。
性格
おとなしい
リリースの予定
もうリリースしても大丈夫と思われる大きさになってきたので、頃合いを見てリリースするる予定。ただ、保護した場所はリリース場所としてはありえないので検討中。2021年3月27日現在、飼育1周年を迎えました。
備考




関連記事

  1. 用水路で保護して飼育している通算6匹目の赤ちゃんスッポン

  2. 6匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  3. 28匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  4. 32匹目は赤ちゃんスッポンではなくニホンイシガメの幼体

  5. 25匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  6. 22匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育




  1. カメの生活様式による分類

  2. 32匹目は赤ちゃんスッポンではなくニホンイシガメの幼体

  3. 31匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  4. 30匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  5. 29匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  1. 水のなくなった用水路で保護したスッポンNo.8の飼育記録

  2. 近所の用水路で保護したスッポンNo.1の飼育記録

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

カテゴリー