6匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

6匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育(スッポンNo.6, 名前は「かみつき」)

6匹目の赤ちゃんスッポンは2019年10月17日に近所の水がほぼなくなった用水路で保護しました。素手で保護した時にさっそく先制攻撃で手の指に噛み付いたので、名前は「かみつき」にしました。

6匹目の赤ちゃんスッポン「かみつき」のデータ
項 目
内 容
保護年月日
2019年10月17日夕方
保護した時
夕方17:22
場 所
近所の住宅地の側溝の水たまり
保護時の甲長
3.0cm
現在の甲長(飼育期間)
4.0cm(2021年3月17日現在、飼育517日)
飼育容器
メガフードコンテナー(深型5.0ℓ) → 米びつ(5.0kg用) → ガラス水層
食事の回数
1日2回
好んで食べる餌
冷凍したサケの切り身、テトラレプトミンスーパー(170g入りか310g入り)、テトラレプトミンBaby、キョーリンのひかりクレスト キャット(295g入り)
食べない餌
カメプロス
相性の悪い相手
No.4, No.7
これまでにかかった病気
皮膚病
背甲の特徴
No.4, No.7に噛まれて甲羅の後部が欠損
腹甲の特徴
その他の身体的特徴
個体を識別する時の決め手
甲羅の最後部が齧られて損傷している。
性格
けっこう噛みつく(あまり痛くない)。
リリースの予定
ある程度育ったらリリースするる予定。ただ、保護した場所はリリース場所としてはありえないので検討中。
備考




関連記事

  1. 30匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  2. 5匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  3. 子スッポンと餌となる小魚やエビを混泳させる方法の検討

  4. 20匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  5. 7匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  6. 28匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育




  1. カメの生活様式による分類

  2. 32匹目は赤ちゃんスッポンではなくニホンイシガメの幼体

  3. 31匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  4. 30匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  5. 29匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  1. 水のなくなった用水路で保護したスッポンNo.8の飼育記録

  2. 近所の用水路で保護したスッポンNo.1の飼育記録

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

カテゴリー