19匹目の赤ちゃんスッポンの購入と飼育

19匹目の赤ちゃんスッポンの購入と飼育(スッポンNo.19, 名前は「おチビちゃん」)

19匹目の赤ちゃんスッポンは2020年9月29日に自身1匹目の台湾生まれの赤ちゃんスッポンを購入した時に、店の水槽で最後の1匹になった台湾生まれのスッポンで、2020年8月台湾生まれで月齢2ヶ月です。エサが欲しいのか、店の水槽の中で私に寄って来たりしていました。人馴れしている印象です。異国の地で9月16日に入店して9月29日時点で2週間でしたが、この先1週間以内で売れなかったら自分が引き取ろうと思っていました。結局、10日後の10月9日に購入して家族の一員にしました。甲長は2.2cmしかありませんでした。この子には1週間前に短い一生を終えた甲長1.8cmの1匹目の台湾生まれの赤ちゃんスッポンの分まで長く生きて欲しいと思います。用水路で保護した他の赤ちゃんスッポンよりも際立って小さく、2019年9月29日に孵化した7匹のうちの最も小さい3匹(チャレンジャータケちゃん右手)と同じ大きさです。この赤ちゃんスッポンは「(台湾生まれの)おチビちゃん」と命名しました。

19匹目の赤ちゃんスッポン「おチビちゃん」のデータ
項 目
内 容
購入年月日
2020年10月9日早朝
購入した時間
夕方
購入した場所
ペットショップ(店名は記載しません)
購入時の甲長
2.4cm
現在の甲長(飼育期間)
3.6cm(2021年3月17日現在で5ヶ月と8日、8月生まれなので月齢7ヶ月)(乾燥後に測定すると少し縮んで3.4cm)
飼育容器
昆虫飼育用のプラスチック容器(アイリスオーヤマ 飼育ランド ブラック S サイズ)
(No.20~No.31の12匹と一緒にガラス水槽に入れることもある)
食事の回数
1日2回(冷凍したサケの切り身を午後にキッチンバサミで削って与える。
夜は3種類:テトラレプトミンスーパー(170g入りか310g入り)から1粒とって指で潰して入れる。
そしてテトラレプトミンBabyを5〜6粒そのまま入れる。
さらにキョーリンのひかりクレスト キャット(295g入り)から1粒とって指で潰して入れる)
※3種類のうち1種類または2種類しか入れないこともある。テトラレプトミンスーパーだけは毎日与えている。
好んで食べる餌
冷凍したサケの切り身を細かく削ったもの
食べない餌
市販の加工餌(夜の間に食べている可能性はありますが、少なくとも目の前で食べるところは見たことがありません)
相性の悪い相手
赤ちゃんスッポンNo.20~No.31の12匹の中にはこれまでは特に問題なし。
これまでにかかった病気
特になし。
背甲の特徴
目立つ斑点がなく、わりと全体が均一。
腹甲の特徴
赤ちゃんスッポンなのに腹甲が赤くない。それに対してニホンスッポンの赤ちゃんはイモリ並みに腹甲と手足の付け根が赤い。
その他の身体的特徴
個体を識別する時の決め手
甲羅に特に目立つ模様がないことと、色合いが薄いウグイス色であること。腹甲が赤くないこと。他の同じくらいの甲長の赤ちゃんスッポンより丸々している感じ(2021年3月17日現在)
性格
おとなしい。人馴れしている。
リリースの予定
なし:外来種なのでリリースすることはできません(誰かにルールを説明した上で引き取ってもらうことは可能)。このシナスッポンとNo.17のアルビノシナスッポンは最後まで飼います。
備考




関連記事

  1. 一度保護してすぐにリリースした甲長10cm前後のスッポンNo.4

  2. 孵化した赤ちゃんスッポンの飼育(通算14匹目)

  3. 17匹目の赤ちゃんスッポンの購入と飼育

  4. 6匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  5. 23匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  6. 冬に用水路で見かけて半年後にも同じ場所にいたスッポンNo.9




  1. カメの生活様式による分類

  2. 32匹目は赤ちゃんスッポンではなくニホンイシガメの幼体

  3. 31匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  4. 30匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  5. 29匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  1. 水のなくなった用水路で保護したスッポンNo.8の飼育記録

  2. 近所の用水路で保護したスッポンNo.1の飼育記録

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

カテゴリー