22匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

22匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育(スッポンNo.22, 名前は「矢印」)

22匹目の赤ちゃんスッポンは2020年9月22日に近所の水がほぼなくなった用水路で保護しました。名前は「矢印」です。

22匹目の赤ちゃんスッポン「矢印」のデータ
項 目
内 容
保護年月日
2020年9月22日11:57
保護した時
昼前
場 所
近所の住宅地の水がなくなってきた側溝
保護時の甲長
3.1cm
現在の甲長(飼育期間)
3.5cm(2021年3月18日現在、飼育177日)
飼育容器
日中はガラス水槽、夜間はDAISO 飼育容器 Rearing Container (大)
食事の回数
1日2回
好んで食べる餌
冷凍したサケの切り身
食べない餌
市販の加工餌のうち、
テトラレプトミンスーパー(170g入りか310g入り)、
テトラレプトミンBaby、
キョーリンのひかりクレスト キャット(295g入り)
は夜間に多少は食べているかもしれない(12匹を多頭飼いしているので個別に確認はできていない)。
カメプロスはプレミアムも食べない。
相性の悪い相手
これまでにかかった病気
背甲の特徴
腹甲の特徴
その他の身体的特徴
個体を識別する時の決め手
性格
おとなしい
リリースの予定
ある程度育ったらリリースするる予定。保護した場所はリリース場所としてはありえないので検討中。
備考

結果と考察

No.20〜No.31の12匹は病気がないかとか、餌は食べているかとかは注意していますが、情が移るとリリースしにくくなるので、個別にはあまり深く接しないようにしています。とは言ったものの、すでに名前を付けている時点でもうリリースは無理かもしれません。
この赤ちゃんスッポンは半年で甲長が4mm伸びました。本来冬眠の時期だったと思えば半年で4mmというのは上出来ではないでしょうか。何と言っても今生きて春を迎えているわけですし、それが一番ではないでしょうか。少し痩せましたが、甲長が4mm伸びたということはそれだけ先に進んだということなので、生きている上に4mm伸びたと思うようにしています。あのままあの側溝に取り残されていたら今頃生きていなかったでしょう。そういう意味では4mm伸びたというのは上出来です。天敵もいない守られた半年だったと言えます。これから暖かくなってもっと活性が上がってたくさん食べてくれれば天敵に襲われても大丈夫なくらい大きくなってくれるでしょう。

2021年4月26日に元いた場所の近くに旅立ちました。




関連記事

  1. 2022年春に保護した赤ちゃんスッポン3匹の身体的特徴(No.66〜No.68)

  2. 1匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  3. 子スッポンと餌となる小魚やエビを混泳させる方法の検討

  4. 用水路で保護して飼育している通算5匹目の赤ちゃんスッポン

  5. 17匹目の赤ちゃんスッポンの購入と飼育

  6. 一度保護してリリースした病気になってひどく痩せているスッポンNo.3




  1. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン24匹のうち最初の1…

  2. 稲作シーズン終了直前の水がなくなりかけた用水路の…

  3. 水がなくなった用水路の泥の中に隠れていた瀕死の状…

  4. 2021年に保護した赤ちゃんスッポン33匹のうち残りの2…

  5. 2022年夏に保護した赤ちゃんスッポン19匹の身体的特…

  1. 水のなくなった用水路で保護したスッポンNo.8の飼育…

  2. 近所の用水路で保護したスッポンNo.1の飼育記録

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

カテゴリー