飼育を始めて4ヶ月目のスッポンNo.1

強制的な日光浴

1匹目の子スッポン
百均で買ってきたプラスチック製の金魚鉢の中に入れて、強制的に日光浴をさせているところ。10分ぐらいの時もあれば、1時間ぐらいの時もあります。だいたい30分ぐらいの時が多いです。冬場はいいですが、夏は暑いので注意が必要です。(2018年12月29日9:53撮影)

1匹目の子スッポン
浮き島の底に浮力でくっついている状態です。空気を吸い込んだら浮きやすいです。底の方にいて口から空気をボコッと出すこともあります。(2018年12月29日12:34撮影)

1匹目の子スッポン
1枚前の写真のスッポンの顔を撮影。(2018年12月29日12:34撮影)

1匹目の子スッポン
橋の上で丸まって寝ています。体の厚みが増してきました。成長していることが見た目と持った感じでわかります。(2018年12月29日14:43撮影)

石の上で寝ている1匹目の子スッポン

1匹目の子スッポン
石の上で寝ています。あたかもバランスをとっているように見えます。甲長は4センチメートルですが、厚みがあるのでスッポンNo.8よりかなり重く感じます。(2019年1月5日11:49撮影)

スッポンの甲羅の曲線

1匹目の子スッポン
横から見たスッポンの甲羅の曲線。(2019年1月12日13:16撮影)

1匹目の子スッポンの口の中

1匹目の子スッポン
水槽の中のスッポンNo.1。口の中が赤く見えます。(2019年1月17日15:46撮影)

甲長が4センチメートルになった1匹目の子スッポン

1匹目の子スッポン
甲長が4センチメートルになっています。2018年9月28日時点で3.5センチメートルだったので、4ヶ月で0.5センチメートル伸びたことになります。直径が0.5センチメートル伸びると円形は大きく見えます。スッポンの甲羅は楕円形ですが、やはり大きく見えます。(2019年1月21日22:35撮影)

スッポンに襲われたオイカワ

スッポンに食べられたオイカワ
下顎を食いちぎられたオイカワが浮いていました。泳いでいるオイカワをスッポンが襲って食べたようです。しかし、もったいない食べ方なので、できれば全部食べて欲しいです。(2019年1月25日16:23撮影)

半分にちぎれたオイカワ

スッポンに食べられたオイカワ
半分にちぎれたオイカワが浮いていました。2日前同様、泳いでいるオイカワを襲って食べたようです。自分で餌を捕ることができるようになってよかったです。(2019年1月28日13:01撮影)

飼育を始めて1週間のスッポンNo.1

飼育を始めて1ヶ月後と2ヶ月目のスッポンNo.1

飼育を始めて2ヶ月後と3ヶ月後のスッポンNo.1






関連記事

  1. 用水路で保護して飼育している通算4匹目の赤ちゃんスッポン

  2. 28匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  3. 32匹目は赤ちゃんスッポンではなくニホンイシガメの幼体

  4. 孵化した赤ちゃんスッポンの飼育(通算10匹目)

  5. 用水路で保護して飼育している通算5匹目の赤ちゃんスッポン

  6. 飼育を始めて3ヶ月目の子スッポンNo.8




  1. カメの生活様式による分類

  2. 32匹目は赤ちゃんスッポンではなくニホンイシガメの幼体

  3. 31匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  4. 30匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  5. 29匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  1. 水のなくなった用水路で保護したスッポンNo.8の飼育記録

  2. 近所の用水路で保護したスッポンNo.1の飼育記録

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

カテゴリー