2022年6月27日以降に測定したスッポン13匹の甲長

上のアイキャッチ画像は2022年7月26日現在で日齢1031日の5匹のスッポンのうち、最も成長しているNo.11(ペンタ)。現在の甲長は18cm。(2022年7月26日17:13撮影)

以下の測定結果では2021年と2022年保護の赤ちゃんスッポンを除いています。なぜならば、それらは基本的にリリースするつもりですので、情が移らないようにという苦肉の策です。

2018年〜2020年に保護したスッポン、購入したスッポン、孵化したスッポン、保護したニホンニシガメ(合計13匹)の2〜4年後の甲長測定結果

個体番号(No.)
測定日
甲長(cm)
No.1
2022年6月27日
15 cm
2022年8月31日
15 cm
2022年11月6日
17 cm(噛んだ部分を補正したおおよその値)
No.4
2022年6月27日
9 cm
2022年8月14日
12 cm
No.6
2022年7月25日
6.2 cm
2022年8月14日
6.8 cm
No.7
2022年6月27日
10 cm
2022年8月14日
13 cm
2022年8月31日
13.5 cm
No.8
2022年7月25日
5.8 cm
2022年8月14日
6.0 cm
No.9
2022年6月27日
10 cm
2022年8月14日
13 cm
No.11
2022年6月27日
17 cm
2022年7月7日
17.5 cm
2022年7月25日
18 cm
2022年8月12日
18 cm 780g(動物病院にて)
2022年11月6日
19.5 cm(一時期タカナNo.16に抜かれたが再びトップになった!)
No.13
2022年6月27日
14 cm
2022年8月14日
15.5 cm
2022年8月22日
16 cm
No.14
2022年7月25日
8.8 cm
2022年8月14日
9.5 cm
No.16
2022年6月27日
16.5 cm
2022年7月7日
17 cm
2022年8月15日
18 cm
2022年8月31日
18.5 cm
2022年11月6日
19 cm(ペンタNo.11が再びトップに返り咲いた!)
No.17
2022年7月17日
7.5 cm
2022年7月21日
8 cm
2022年8月22日
9 cm
No.19
2022年7月7日
11.5 cm
2022年7月31日
12 cm
2022年8月13日
13 cm
No.32
2022年6月27日
11 cm
2022年7月17日
11.5 cm
2022年8月5日
11.5 cm
2022年8月12日
11.8 cm
2022年8月14日
12 cm




関連記事

  1. 32匹目は赤ちゃんスッポンではなくニホンイシガメの幼体

  2. 飼育を始めて1ヶ月後と2ヶ月目の子スッポンNo.1

  3. 28匹目の赤ちゃんスッポンの保護と飼育

  4. 2021年に保護した赤ちゃんスッポン33匹のうち残りの27匹のリリース時点での甲長(No.33〜No.65)

  5. 用水路で保護して飼育している通算6匹目の赤ちゃんスッポン

  6. 一度保護してリリースした病気になってひどく痩せているスッポンNo.3




  1. 2022年に保護した赤ちゃんスッポン24匹のうち最初の19匹のリリース…

  2. 稲作シーズン終了直前の水がなくなりかけた用水路の泥の中から保護…

  3. 水がなくなった用水路の泥の中に隠れていた瀕死の状態の3匹の赤ちゃ…

  4. 2021年に保護した赤ちゃんスッポン33匹のうち残りの27匹のリリース…

  5. 2022年夏に保護した赤ちゃんスッポン19匹の身体的特徴(No.71〜No.8…

  1. 水のなくなった用水路で保護したスッポンNo.8の飼育記録(このNo.8…

  2. 近所の用水路で保護したスッポンNo.1の飼育記録

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

カテゴリー